リセラー購読サービス契約

ZendeskリセラーおよびBPOのお客様に適用される当社の利用規約は、「購読サービス契約」に変更されました。新規購読者様には、2016年11月1日付で本購読サービス契約が適用されます。既存の購読者様には、事前に変更点についてお知らせした後、2016年12月1日付で適用を開始します。当社のリセラーカスタマー利用規約の以前のバージョンについては、こちらをクリックしてください。

Zendeskリセラーのお客様に適用

お客様(「購読者」、「お客様」、「お客様の」、または関連する用語)は、Zendeskにより運営されるサービス(以下に定義)の購読を、Zendeskとの別の契約(「リセラー契約」)に基づき、かかる購読の販売を認められた独立した第三者(「リセラー」)から取得します。お客様とリセラーによる二者間の契約に基づくサービスの利用に関連する利用規約に加えて、本契約には同サービスへのアクセスおよび利用を管理する利用規約が記載されています。Zendeskは本契約の明示的受益者であり、サービス購読の取得においてお客様は、本契約をお客様に対して執行する権利をZendeskが有すること、および、本契約は契約全体を構成し、お客様とリセラーとの間の契約におけるサービスの購読、アクセス、利用に関して、お客様とZendesk間のあらゆるすべての事前合意に優先することに、明示的に承諾し同意します。本契約を受諾することにより、サービスへアクセスするか、利用することにより、もしくは、エージェントまたはエンドユーザーにサービスへのアクセスおよび利用の権限を与える、または許可することにより、お客様は本契約に拘束されることを承諾することになります。会社、組織またはその他の法人(以下「法人」という)を代表して本契約に同意される場合は、お客様は当該法人に代わって本契約に同意し、お客様がかかる法人およびその子会社を本契約に従わせる権限を有することをZendeskに示すものとみなされます。この場合、本契約中の「購読者」、「お客様」、「お客様の」または関連する太字の用語は、かかる法人およびその関係会社を指します。かかる権限を持たない場合、またはお客様が本契約に同意されない場合、お客様は本契約を承諾しないものとみなされ、サービスをご利用いただけません。

目次

一般利用規約: 補足利用規約:
  • 1.サービス別規約
  • 2.サービスデータの保護
  • 3.国別条件
  • 4.コンサルティングサービス
  • 附則

    1.定義

    以下に示す用語(原文では大文字で始まる)は、本契約の他の箇所で定義されている意味に加えて、それぞれ次の意味を有します。

    アカウント:サービス内で購読者または購読者のエージェントのために作成されたすべてのアカウントまたはインスタンスを意味します。

    関係会社:当事者に関して、当事者が直接または間接的に支配する事業体、当該の方針の支配下にある事業体、または当事者と共通の支配下にある事業体を指します。かかる定義中、「支配下」および「共通の支配下」の語の意味とも関連する「支配」の語は、すなわち、議決権株式の所有、契約その他方法の如何を問わず、直接または間接的に、その組織を管理する権限を所有するか、または経営および方針を管理させる権限を所有することを意味します。

    エージェント:固有のログインにより識別されたエージェントや管理者として、お客様のアカウントによりサービスを利用する権限を与えられた者を意味します。

    契約:本購読サービス契約を意味し、あらゆる付属書、追加規約、注文書も含まれます。

    API:Zendeskにより開発され、有効となったアプリケーション・プログラミング・インターフェースを意味します。購読者はサービスにより提供された特定の機能にアクセスすることができます。これには、HTTPリクエストにより自動的にサービスとインタラクションできるREST API、他のウェブアプリケーションによりサービスの統合を可能にするアプリケーション開発APIが含まれますが、これに限定されません。

    関連サービス:サービスと共に利用するように設計された製品、サービス、特性、機能で、お客様が購読するサービスプランには含まれないものを意味します。これには、Zendeskまたは関連会社により作成または開発され、Zendeskのマーケットプレイス(https://www.zendesk.com/apps/)で利用可能で、本契約の管理下にあることが明示されている、統合およびアプリケーションが含まれますが、これに限定されません。疑義を避けるため、他のライセンス、契約、または規約の管理下にあると明示されているサービス、その他の製品、サービス、特性、または機能は、関連サービスとはみなされないものとします。

    ベータ版サービス:お客様の選択により、無料で試すことができるZendeskにより提供された製品、サービスまたは機能を意味します。これは、ベータ、パイロット、限定リリース、非生産、先行アクセス、評価または類似の記述により、明確に指定されています。

    機密情報:お客様がZendeskに開示した全ての情報、またはZendeskがお客様に開示した全ての情報を意味します。具体的な形で、「機密」(または類似の記述)と表示されているもの、または一般の人が情報の性質、開示の状況により機密であると理解するもの、例えば、Zendeskのセキュリティポリシーおよび手続きに関連した情報が含まれますが、これに限定されません。本契約の目的において、本契約ならびにサービスデータは機密情報とみなされるものとします。上記に関わらず、機密情報には次の情報は含まれないものとします。
    (a) 開示当事者が開示する際、受領当事者がすでに知っていた情報、
    (b) 当該情報に関し、守秘義務の下にある受領当事者により知られていない第三者により受領当事者が得た、または得る情報、
    (c) 本契約または当事者間のその他の有効な契約に違反した場合を除いて、公に利用できる、または利用可能となった情報、
    (d) 開示当事者の機密情報を利用することなく、受領当事者により個別に開発された、または開発される情報。

    コンサルティングサービス:Zendeskまたは承認を受けたサブコントラクターによる、コンサルティング専門サービスを意味します(トレーニング、後継者、またはサービス実施を含む)。注文書または他の文書に記載されている通りです。

    指令:個人データの処理および当該データの自由な移動に関して個人を保護する指令95/46/ECを意味します。

    ドキュメント:サービスの機能を規定する、書面、電子文書、画像、動画、テキストまたはサウンドを意味します。これは、Zendeskのヘルプセンターにおいて、Zendeskにより提供されたもの、または利用可能となったものを意味します。ただし、ドキュメントには特に、そのような知識ベースにより提供された、またはアクセス可能となった「承認制のコミュニティ」フォーラムは含まれないものとします。

    エンドユーザー:サービスを使って、購読者またはエージェントがやり取りする購読者またはエージェント以外の人物または法人を意味します。

    マスター購読契約本書に記されている、お客様の直接のサービスの利用を規定する契約を意味します。

    注文書:お客様のサービスの購読に関し、同サービス購読を管理するリセラーにより実施された、または承認された当社が作成したサービス注文書を意味します。注文書には特に、お客様のサービスおよびサービスの購読に適用されるサービスプランにおいて使用する権限を与えられたエージェントの数が記載されています。

    その他のサービス:サービスがリンクする、またはお客様が接続する、サービスに伴って有効となる、第三者の製品、アプリケーション、サービス、ソフトウェア、製品、ネットワーク、システム、ディレクトリ、ウェブサイト、データベース、情報を意味します。これには、お客様のアカウントに直接統合される他のサービスが含まれますが、これに限定されません。

    個人データ:識別されたまたは識別可能な自然人に関するあらゆる情報を意味します。識別可能な人とは、直接的または間接的に、特に識別番号または一つもしくはそれ以上の身体的、生理的、精神的、経済的、文化的または社会的な識別性に関連する固有の要素によって、識別可能な人をいいます。

    社員:従業員または外部のサービスプロバイダおよびZendesk Groupの業務委託者を意味します。

    処理中・処理予定・処理済:個人データに関して行われる全ての作業または一連の作業を意味します。自動的手動によるか否かは問わず、回収、記録、整理、保管、適応もしくは改変、回復、コンサルティング、使用、伝送による開示、伝達その他の方法で利用に供すること、整列もしくは組合せ、ブロッキング、削除もしくは破壊などが含まれます。

    サービス:本契約を参照するリンクまたは注文書によりオンラインでお客様により注文され、試用または有料かどうかは問わず、当社により指定された適切な購読者のログインリンクおよびその他のウェブページを経由して、当社によりオンラインで利用可能となった製品およびサービスを意味します。個別におよび総称して、適切なソフトウェア、更新、API、ドキュメント、お客様が購入、展開、またはお客様が購読したものに対する全ての適切な関連サービスを含みます(「展開された関連サービス」)。「サービス」には、本契約で定義される通り、その他のサービスは含まれません。サービスの名称および内容、または個別のサービスは変更される場合があります。事前の注文書または本契約の事前承諾により記載されている通り、購読者がサービスへのアクセスを付与される範囲で、本契約は新たな名前または内容の当該サービスに適用されるものとします。

    サービスデータ:お客様のサービスの利用に関連して、お客様、エージェント、エンドユーザーによりサービスに送信され、保存された電子データ、テキスト、メッセージ、通信またはその他のマテリアルを意味し、個人データが含まれますが、これに限定されません。

    サービスプラン:パッケージサービスプラン、機能、お客様が購読するサービスに関連したサービス(サービスに適用されるサイトに詳しく記載の通り)を意味します。

    サイト:Zendesk Groupにより運営されているウェブサイトを意味し、www.zendesk.com、Zendesk Groupが運営するその他全てのウェブサイトを含みます。

    ソフトウェア:Zendeskにより提供されたソフトウェア(インターネットを使ってダウンロードまたはアクセスするもの)を意味し、エージェントまたはエンドユーザーは、適用されるサービスに関連した機能を使用することができます。

    購読期間:個別のエージェントに関して、お客様がサービスを購読するために同意した期間を意味します。

    補足条件:次の追加の利用規約を意味します。
    (a) 本契約の「補足利用規約」の項に含まれ、特定のサービス、特性または機能を適用し、本契約に組み込まれているもの、
    (b) 注文書に含まれる、または組み込まれているもの(展開された関連サービスを購入する時)および
    (c) お客様の購入時にコンサルティングサービスに適用されるもの。

    利用データ:お客様、お客様のエージェントまたはエンドユーザーが特定の目的でサービスを利用する間、サービス、特性またはユーザーのグループまたはカテゴリーについてZendesk Groupが収集する、暗号化または匿名化された情報もしくは集約データを意味します。分析は含まれますが、個人データは含まれません。

    「当社」「当社に/を」「当社の」:以下に定義されているZendeskを意味します。

    Zendesk:デラウェア所在の企業であるZendesk, Inc.、その支払いエージェントもしくは継承者または譲受人を意味します。

    Zendesk Group:デラウェア所在の企業であるZendesk, Inc.およびそのすべての関連会社を意味します。

    2.一般条件、サービスへのアクセスと利用

    2.1
    購読期間中、お客様、エージェントおよびエンドユーザーの本規約の遵守およびZendeskによるお客様の購読に関する支払いの受領に基づいて、お客様はお客様の社内の業務目的で加入されるサービスプランに基づくサービスにアクセスし、利用する限定された権利を保有するものとします。当社は、
    (a) 本契約および適用注文書に従ってサービスおよびサービスプランをお客様が利用できるようにします。
    (b) リセラーと別途合意していない限り、適用サイトおよびドキュメントに詳しく記載されている通り、サービスに対する適用される標準カスタマーサポート、購入された場合は、アップグレードサービスを、お客様に追加料金を請求することなく提供します。
    (c) 商業的に合理的な努力をし、1日24時間年中無休でサービスを利用できるようにします。ただし、次の場合を除きます。
    (Ⅰ) サービスのアップグレードおよびメンテナンスのための計画されたダウンタイム(当社は商業的に合理的な努力をし、当社のサイトを通してお客様に事前に通知し、お客様のアカウント所有者およびエージェントに通知します)(「計画されたダウンタイム」)。
    (Ⅱ) 当社の合理的な制御を超える状況により生じた利用不能状態、例えば、天災、統治行為、洪水、火災、地震、暴動、テロ、ストライキまたはその他労働争議(当社の従業員を除く)、インターネット接続事業者の障害または遅延、その他のサービス、もしくは第三者による行為、サービス妨害攻撃を含みますが、これらに限定されません。
    2.2
    カスタマーサービス、サポート、またはその他の委託ビジネス処理サービスを、1つのアカウントにより、1つ以上の第三者(関連会社を含む)へ提供するために、サービスを利用することはできません。上記に関わらず、お客様のAPIへのアクセスおよび利用する権利は、ドキュメントに記載またはお客様に書面で通知される通り、APIに関してZendeskが随時実施する制限およびポリシーに基づきます。
    2.3
    サービスの適切な伝送のために高速インターネットへの接続が必要です。お客様は、お客様のネットワークに接続するネットワーク接続を調達し、維持する責任があります。これには、Zendeskにより使用されるプロトコルをサポートする「ブラウザ」ソフトウェア、Zendeskにより承認されたトランスポート・レイヤー・セキュリティ(TLS)プロトコルまたはその他のプロトコルが含まれますが、これらに限定されません。また、当該プロトコルをサポートするサービスにアクセスするための手続きに従う責任があります。当社は、お客様、エージェントまたはエンドユーザーにかかるソフトウェアのアップグレード、修正または拡張を通知する責任を負わず、またお客様のデータ、Zendeskが所有、運用または管理していないコンピュータネットワークまたは電気通信設備(インターネットを含むがこれに限定されない)経由で送信されたデータなどのデータの侵害について責任を負いません。当社は本項で説明された接続の信頼性またはパフォーマンスについて責任を負いません。
    2.4
    本契約で以下に規定されたその他の利用条件および制限に準拠することに加えて、お客様は次の事項を行わないことに同意します。
    (a) ライセンス、サブライセンス、売却、転売、賃貸、リース、移転、譲渡、配布、タイムシェア、商業的に悪用すること、本契約で明示的に許可されているお客様の内部的ビジネス目的のために、権限のあるエージェントおよびエンドユーザー以外の第三者がサービスを利用できるようにすること。
    (b) サービスを利用して、エージェントまたはエンドユーザー以外の第三者の代わりにデータを処理すること、
    (c) サービスを変更、適合、ハッキングすること、またはサービス、関連システム、ネットワークへの無許可のアクセスを取得しようとすること。
    (d) ZendeskまたはZendesk Groupのスポンサーシップまたは関連を虚偽に暗示すること。
    (e) 不法にサービスを利用すること、個人のプライバシー権を侵害することを含みますが、これに限定されません。
    (f) サービスを利用して、未承諾または無許可の大量メール、ジャンクメール、スパム、マルチ商法、その他の形式の重複または未承諾のメッセージを送ること。
    (g) サービスを利用して、個人の知的財産権を侵害する、ファイル、マテリアル、データ、テキスト、音声、動画、画像、その他のコンテンツを保存または伝送すること。
    (h) サービスおよびそのコンポーネントの統合性または性能を阻害、または妨害する方法で、サービスを利用すること。
    (i) サービスを形成するソフトウェアのソースコードを解明、逆コンパイル、リバースエンジニア、発見しようとすること。
    (j) サービスを利用して、違法、人種差別、憎しみ、虐待、誹謗、卑猥、差別的なコンテンツを、故意に掲載、伝送、アップロード、リンク、送信、保存すること。
    (k) Zendeskにより書面で明示的に同意されていない場合、サービスを利用して、45 C.F.R. 160.103に定義されている「保護された健康情報」を保存または伝送すること。
    (l) サービスを利用して、ウイルス、マルウェア、トロイの木馬、時限爆弾、その他の類似の有害なソフトウェア(「悪意のあるソフトウェア」)を故意に掲載、伝送、アップロード、リンク、送信、保存すること。
    (m) 従来のオンラインウェブブラウザを使って、人が同じ期間に合理的に作ることができるよりも多く、一定期間にサービスサーバーにリクエストメッセージを送る方法で、サービスにアクセスする自動化システムを利用または立ち上げること。
    (n) 本契約に違反してサービスを利用しようとすること、または利用すること。
    2.5
    お客様は、エージェントおよびエンドユーザーによる本契約の規定の遵守、お客様のアカウントの下で行われるあらゆる行為およびお客様のあらゆるデータに責任を負うものとします。上記に関わらず、お客様は単独で、サービスデータを保存および伝送するためのサービスの利用が、すべての適用法令に加え、お客様がエージェントまたはエンドユーザーと維持または締結するすべてのプライバシーポリシー、契約、または義務に準拠していることを確認する責任があります。お客様は、サービスまたは生じた情報が、お客様の目的に対して正確または十分であるかどうかを決定するすべての責任も維持します。お客様が購読した適用サービスブランまたは適用される展開された関連サービスにおいて利用可能な個別のエージェントの数の制限に従って、サービスへのアクセスおよび利用は、適用サービスの購読の下で許可された、個別のエージェントの指定された数に限定されます。各エージェントは固有のユーザー名およびパスワード(「ログイン」)により特定され、エージェントログインは一人の個人にのみ使用されることを、お客様は同意し、承諾します。お客様は複数の個人間でエージェントログインを共有しないものとします。お客様およびお客様のエージェントは、お客様のアカウントのログイン情報の秘密を保持する責任があります。
    2.6
    第2項および第7.3項に規定される当社の権利に加え、お客様、エージェントあたはエンドユーザーによりお客様のアカウントまたはサービスの利用に関連した悪意のあるソフトウェアの疑いが生じるまたは検出した場合、当社は、合理的な裁量により、お客様のサービスへのアクセスおよび利用を一時的に停止する権利を留保します。
    2.7
    お客様は、購読期間中、Zendeskがサービスの特性や機能を変更する場合あることを承諾します。
    2.8
    Zendeskが事前に書面による同意をしている場合を除いて、お客様がZendesk Groupの直接的競合社である場合、お客様はサービスにアクセスすることはできません。お客様は、性能、利用できる度合、機能を監視する目的で、またはベンチマーキング、競合目的で、サービスにアクセスすることはできません。
    2.9
    お客様がサービスの無料トライアルに登録する場合、当社は無料のトライアルベースで、次のいずれかの早い方まで、お客様が当該サービスを利用することができるようにします。
    (a) お客様が適用サービスの利用を登録した無料のトライアル期間の終了、
    (b) お客様が購入した当該サービスの購読の開始日、
    (c) 当社の単独の裁量によるトライアルの終了。
    追加のトライアル利用規約はトライアル登録ウェブページに表示されます。追加の利用規約は、参照することにより本契約に組み込まれ、法的に拘束されます。トライアル期間中に適用ドキュメントをレビューし、購入する前に適用サービスプランにおけるサービスの特性および機能に精通してください。
    お客様の無料トライアル期間中、お客様がサービスに入力したサービスデータ、お客様による、またはお客様のために加えられたサービスの構成またはカスタマイズは、お客様がトライアル対象の同サービスの購読を購入しない場合、もしくは適用サービスを購入しない場合、またはトライアル期間の終了までに当該サービスデータをエクスポートしない場合は、恒久的に失われます。
    2.10
    当社は随時、無償のベータ版サービスをお客様にご案内する場合があります。お客様は、お客様の単独の裁量で当該ベータ版サービスを利用することを選択できます。ベータ版サービスは評価を目的としており運用目的ではありません。またベータ版サービスはサポート対象外で、別途規定が追加されることがあります。ベータ版サービスは本契約書に定める「サービス」とはみなされません。しかし、あらゆる制限、当社の権利の留保、サービスに関連したお客様の義務、他のサービスの利用は、お客様のベータ版サービスの利用に同様に適用されるものとします。別途規定がある場合を除いて、ベータ版サービスは試用開始日から1年後もしくは適用ベータ版サービスを明示することなく、一般提供開始日のいずれか早い日付をもって終了します。当社はいつでもベータ版サービスの提供を終了することができ、また一般提供を一切行なわないこともあります。当社はベータ版サービ等に関連した如何なる損害や障害に対して一切責任はありません。

    3.秘密保持、セキュリティとプライバシー

    3.1
    本契約による明示的な許可に基づいて、お客様とZendeskは自社の機密情報を保護するのと同様に、自社の機密情報に劣らぬ配慮をもって、互いの機密情報の不正な使用、アクセスまたは公開を防ぐものとします。本契約に従い明示的に許可されている場合を除いて、各当事者は、互いの機密情報を、当社の権利の施行のために単独で利用し、本契約の下で当社の義務を実施することができ、当該機密情報を開示するものとします。
    (a) 当該目的で機密情報を知る必要があり、機密情報の機密性を維持し、不正に利用しないよう拘束される社員に対してのみ、
    (b) 行政機関または管轄裁判所の命令または召喚状に遵守する必要がある場合、
    (c) 合理的に適用法令に準拠する必要がある場合。
    第3.1項は、サービスデータの機密性および安全性に取り組む趣旨で当事者間で締結された秘密保持契約に優先するものとし、当該契約はサービスデータに関して効力を持たないものとします。
    3.2
    Zendesk Groupは、サービスデータの安全性、機密性、統合性の保護に関し、合理的な管理的、物理的、技術的防護策を維持します。本契約に添付の補足条件「サービスデータの保護」および展開された関連サービスの補足条件に記載の通りです。これらの防護策には、次の場合除いて、社員によるサービスデータのアクセス、利用、変更、開示を防止する手段が含まれますが、これらに限定されません。
    (a) サービスを提供し、サービス、サポートもしくは技術的問題を予防するもしくは取り組む場合
    (b) 第3.1項 (b) または3.1項 (c) に従って法律により強制される場合
    (c) 第3.4項の規定に従う場合、または
    (d) お客様が明示的に書面で許可する場合。
    Zendesk Groupの第3.2項から3.5項までの規定の遵守は、本契約に定められるサービスデータの保護義務の遵守とみなされるものとします。
    3.3
    サービスデータが個人データを構成する範囲で、お客様とZendesk Groupは、お客様がデータ管理者とみなされ、Zendesk Group当事者における関連企業は、指令(および指令を施行する適用国内法)の下、当該条件が解釈される通り、データ処理者とみなされることに同意するものとします。Zendeskにより特に同意されない限り、サービスデータはZendesk Groupまたは米国、EEA、または世界各地で許可を受けた第三者サービスプロバイダーにより管理される場合があります。サービスの提供にあたり、ZendeskはZendesk Groupおよび許可を受けたサービスプロバイダーの企業を使って、サービスデータを処理します。これには、欧州経済地域(「EEA」)、米国、世界各地において、本契約に基づく関連個人データを含みますが、これに限定されません。いかなる状況においても、指令の下でのサービスデータ、または指令に定義される加盟国の関連法令に関して、Zendesk Group内の企業がデータ管理者とみなされることはありません。
    3.4
    お客様の主たる所在地がEEA内にある場合、指令の第25条に基づいて、サービスデータが個人データを構成する範囲で、サービスデータがEEA外の国や領域(「EEA以外の国」)に譲渡される場合、当該譲渡は次の場合にのみ行われるようにします。 (a) 当該EEA以外の国が、十分なデータ保護レベルを確保していること、
    (b) 指令の第26条 (1) に記載の条件の一つを満たしていること、もしくは
    (c) 譲渡がEU・米国プライバシー・シールドまたはスイス・米国セーフ・ハーバー・フレームワークを経由していること。
    お客様のリクエストおよびZendeskのデータ処理契約(「DPA」)の締結に基づいて、当社は、DPAに含まれる通り、譲渡がEEAから欧州委員会による適合を受けた第三者国へ、個人データの譲渡を容易に行えるように設計された標準契約条項(「モデル条項」として知られる)に基づいて行われるようにします。購読者として、お客様は当社へメールでprivacy@zendesk.comまでリクエストを送ることにより、当社のDPAを施行することができます。
    3.5
    お客様は、Zendesk Groupおよびサービスの提供にあたってZendesk Groupを支援するために利用される第三者サービスプロバイダーが、お客様のアカウントにアクセスする権利を有し、サービスを提供する必要のある範囲で、サービスデータを利用、変更、再現、配信、表示、開示する権利を有することに同意します。これにはお客様のサポートリクエストに対応することが含まれますが、これに限定されません。Zendesk Groupにより利用された第三者サービスプロバイダーは、サービスを合理的に提供する必要があり、次に基づいて、お客様のアカウントおよびサービスデータにアクセスすることができます。
    (a) 商業上合理的で、第3.2項に記載された基準に実質的に一致する秘密保持義務
    (b) 第3.3項に定められた個人データに適用されるデータ譲渡制限の遵守することに合意していること。
    3.6
    サービスデータに加え、当社は、お客様、エージェント、エンドユーザーについての情報(個人データを含む場合あり)、並びにお客様と関連機器、コンピューター、サービスの利用に関する情報を収集します。これには次のものが含まれます。
    お客様がサービスを利用する時に分析情報を収集すること。サービスにおいて、分析情報には、利用されるサービスの特性および機能、関連ドメイン名、ユーザー名、お客様のエージェントまたはエンドユーザーのIPアドレス、および機能の運用の詳細な記述に必要な追加情報、サービスが影響を受ける部分が含まれます。Zendeskが収集する分析情報には、エージェントまたはエンドユーザーが実行する機能に関連したサービスデータの要素を含む場合があります。 サービスの利用に関連した情報を凝集し、当該情報を公開すること。情報は業界、地理、その他の測定基準に分類され、「Zendeskベンチマーク」または類似の機能により、カスタマーサポートの定性的インサイトや関連インサイトを提供します。お客様は、サービスの設定において、Zendeskベンチマークを有効にして、参加するかどうかを選択することができます。参加を希望されない場合、Zendeskベンチマークを有効にしないでください。 サービスの利用における傾向を理解するために利用データを収集すること。利用データ自体を収集し、利用することに加え、様々な目的でZendesk Groupは利用データを第三者と共有する場合があります。第三者には当社の購読者、パートナー、サービスプロバイダーが含まれ、様々な目的には購読者のニーズをより良く理解したり、当社のサービスを改善することが含まれます。当社は、サービスについての関連情報を提供するためおよびサービスのマーケティング目的で、利用データを公開する場合があります。
    3.7
    当社は、お客様のサービスへのアクセスおよび利用に際して、クッキーおよびその他の追跡技術を使用しています。これらのクッキーおよびその他の追跡技術は、個人情報、当社サービスへのアクセスに使用するデバイスおよびネットワークに関する情報、およびお客様、お客様のエージェント、エンドユーザーの当社サービスの利用内容に関するその他の情報を、当社に提供することがあります。この情報により当社は、お客様およびお客様の設定を記憶し、サービスのパフォーマンスを最大に高め分析することができます。また、サービスの特定の側面を運営、強化、カスタマイズするためにも、クッキーを使用します。これらのクッキーの目的は、よりカスタマイズされた体験をお客様へと提供することです、そのため本サービスを利用するたびにお客様が設定をリセットする必要はありません。
    3.8
    Zendeskは、個人データなどのその他の情報を、第三者から取得し、当社のサービスにより収集する情報と結びつける場合があります。たとえば、当社が第三者のソーシャルメディアまたは認証サービスから特定の情報にアクセスできる場合がありますが、それはお客様がそのサービスを介して当社サービスにログインした場合、あるいはお客様が使用したサービスを通して当社にアクセス情報を提供された場合です。当社が第三者ソーシャルメディアまたは認証サービスからの情報にアクセスする場合は、当該サービスにより定められた認証手順に従います。当社が第三者サービスへの接続の許可を受けることにより、お客様は、お客様の氏名、メールアドレス、現所在都市、プロフィール写真のURL、第三者サービスにより当社が利用可能なその他の個人データに当社がアクセスし、保存する許可を与えることになり、随時施行され、こちらで利用可能となる本契約およびZendeskのプライバシーポリシーに基づいて、利用および公開する許可を与えることになります。

    4.知的財産権

    各当事者は、関連特許、発明、著作権、商標、ドメイン名、企業秘密、ノウハウ、その他の知的財産および財産権(総称して「知的財産権」)におけるすべての権利、権原、利益を保有するものとします。本契約の下でサービスを利用するためにお客様、エージェント、エンドユーザーに付与された権利は、サービスまたは関連する知的財産権における追加の権利を与えるものではありません。本書で明示的に述べられている通り、サービスにアクセスし利用する限定的権利のみに基づいて、サービス、すべてのハードウェア、ソフトウェア、その他のコンポーネント、またはサービスを提供するために利用されたもにおけるすべての権利、権原、利益は、あらゆる関連知的財産権を含め、Zendeskと共に残り、Zendeskのみに帰属します。Zendesk Groupは、全額支払済で、著作権使用料無料で、世界規模で、移転可能で、サブライセンス可能で(マルチ層を介して)、譲渡可能で、取り消し不可能で、恒久的なライセンスを有し、サービスを実施し、利用し、変更し、商業的に有効に活用し、サービスに組み込み、または当社がお客様、エージェント、エンドユーザー、その他のお客様の代理となる第三者からの受けた提案、改良リクエスト、勧告、フィードバックを利用します。サービスに使用され、表示されるZendesk®、Zendesk Groupの製品およびサービス名およびロゴは、Zendesk Groupの1社以上のメンバーの登録商標または未登録商標です(総称して「マーク」という)。お客様は、購読者としてお客様を識別するために、当社の商標利用ガイドラインにより許可された手段でのみ適用マークを利用することができます。ただし、現在または将来的に、マークにおける権利を主張したり、マークの独自性を下げたり、当社、当社のサービスまたは製品を軽んじたり、誤解を招くためにマークを利用しようとしてはいけません。

    5.第三者サービス

    お客様がその他のサービスを有効にしアクセスし、または利用することにした場合は、当該その他のサービスのアクセスおよび利用は当該その他のサービスの利用規約により単独で管理されます。当社は、当該その他のサービスのいかなる部分も支持せず、責任を負わず、表明しません。その他のサービスがデータ(サービスデータを含む)を扱い、保護し、管理し、処理するコンテンツまたは手段、お客様と当該その他のサービスのプロバイダー間のやり取りを含みますが、それらに限定されません。当社は、当該その他のサービスの機能が継続的に利用可能であることを保証することはできません。その他のサービスのプロバイダーが、当社が承諾する方法で対応サービスの相互運用を利用できないようにする場合(これに限定されません)、お客様への払い戻し、その他の賠償の権利を与えることなく、当該サービスの提供を停止する場合があります。お客様は、当該その他のサービスに関してZendeskに対する一切の請求権を撤回不能で法規します。当社は、お客様が当該その他のサービスを有効にし、アクセスし、利用することにより生じた、原因や関連を主張された損害または損失、または当該その他のサービスのプライバシーに関する取り組み、データセキュリティ処理、その他のポリシーに関するお客様の信頼に対して一切の責任を負いません。お客様は、その他のサービスの各ウェブサイトより、当該サービスに登録またはログインする必要がある場合があります。その他のサービスを有効にすることにより、当該その他のサービスの有効化の利用を促進する必要がある場合、お客様は、Zendeskにお客様のログインならびにサービスデータを開示することを明示的に許可します。

    6.クレジットポリシー

    当社の単独の裁量で、様々な方法でサービスに対するクレジットを提供することができます。これには、クーポン、販促キャンペーン、紹介などが含まれますが、これらに限定されません。Zendeskは単独の裁量でクレジットを付与する権利を留保します。クレジットは金銭的、現金価値を持たず、適用サービスの購読料以降の支払いを相殺するために、お客様またはリセラーにのみ利用されます。クレジットは、クレジットが発行される時にZendeskにより特に識別されたサービスの購読料にのみ適用されます。クレジットはお客様のみが利用することができ、譲渡することはできません。
    お客様がクレジットを付与された場合、その手段が(クーポンを含む)が有効期限を記載していない場合、クレジットは、クレジットが発行された日から12か月後に期限切れとなり、償還することはできません。

    7.キャンセルおよび解除

    7.1
    当社とリセラーとの契約(「リセラー契約」)の利用規約に基づき、当社は以下の場合に、お客球のサービスの購読、お客様のサービスへのアクセス権および利用権、またはお客様のアカウントを停止、解除する権利、およびサービスデータを削除および廃棄する権利があります。
    (a) お客様がサービス購読に関する請求額支払いをリセラーに対して怠っているという通知を、当社がリセラーから受けた場合、または
    (b) リセラー契約に基づくお客様のサービス購読に関する請求額を、リセラーが当社に対して支払いを怠っている場合。
    お客様は、当社がこれらの停止および解除を行う権利を有することを承諾し、かかる停止または解除に関するお客様に対する責任をZendeskは一切負わないことに同意します。かかる停止または解除に関するお客様の償還請求は、リセラーに対してのみ行われるものとします。
    7.2
    お客様のサービス購読やアカウントを解除または終了した後、当社は、通常の運営過程においてあらゆるサービスデータを削除する権利を留保します。アカウントをキャンセルした後に、サービスデータを復元することはできません。
    7.3
    当社が、お客様、エージェントまたはエンドユーザーが本契約に違反していると信じる場合、当社はサービス(またはその一部)、お客様のアカウント、またはお客様、エージェント、エンドユーザーのサービスへアクセスし、利用する権利を変更、停止、解除する権利、サービスデータを削除、無効、廃棄する権利を留保します。これには、当社の著作権侵害通知および削除ポリシーに従って、サービスデータを削除または無効にすることが含まれます。そうすることが法的に禁止されている場合、当社は商業上合理的な努力により、上述の措置を取る時にお客様にメールで直接通知します。当社は、お客様がサービスにアクセスし、利用する権利の変更、停止、中断に関して、お客様、エージェント、エンドユーザーまたは第三者に対して一切の責任を負わないものとします。お客様、エージェントまたはエンドユーザーによる不正、侵害、違法な行為が疑われる場合、当社の単独の裁量で、法執行当局へ通知する場合があります。
    7.4
    当事者は、以下の事案が発生したときに、本契約を解除することができます。
    (a) 相手方が契約違反に関する書面による通知を受け取ってから30日以内に契約違反状態を解消しなかった時、若しくは
    (b) 債権者の利益のために、相手方が倒産または破産状況、管財人の管理下で、清算、譲渡に関連する状況になる時。
    本契約が本項に従ってお客様により解除される場合、当社は、適用法により許可される範囲で、解除日以降の購読期間の残りの期間に相当する支払い済み料金をお客様に返金します。本契約に従って当社が本契約を解除するとき、お客様はすべての注文書の購読期間の残りの期間に相当する未払いの料金を支払います。本契約の解除は、本契約の解除までの期間に発生したお客様が当社に対して負ういかなる料金支払い債務を免除するものではありません。
    7.5
    本契約の解除または期限切れの日から30日以内にお客様が行ったリクエストに関し、当社はドキュメントに定められている通り、お客様がサービスデータをエクスポートまたはダウンロードできるようにします。当該30日の期間以降、当社はお客様のサービスデータを維持または提供する義務はなく、ドキュメントで定められている通り、法律で禁じられていない限り、当社のシステムまたは当社の所有または管理下において、お客様のサービスデータのすべてのコピーを削除または破棄する権利を有します。

    8.表明、保証、免責

    8.1
    各当事者は本契約を正当に締結し、そうする法的権利を有することを表明します。
    8.2
    当社は適用購読期間中、次のことを保証します。
    (a) 本契約およびドキュメントがお客様のサービスデータの安全性、機密性、統合性の保護のために適用される管理的、物理的、技術的防護策を正確に記述すること、および
    (b) サービスが適用ドキュメントに基づいて実質的に施行されること。
    上記保証の違反に対して、お客様の唯一の救済方法は本書の第7.4項に記載されています。
    8.3
    第8.2項で特別に定められている場合を除いて、全てのサーバーおよびネットワークコンポーネントを含むサイトとサ―ビスは、「現状のまま」および「利用できるままま」で提供され、法律で認められている最大の範囲での保証はなく、当社はあらゆる保証を明示的に放棄し、明示または黙示に関わらず、黙示的な市販性、権原、特定の目的への適合性、非侵害が含まれますが、これらに限定されません。お客様は、当社がサービスが中断されず、タイムリーで、安全で、エラーがなく、ウイルスや悪意あるソフトウェアに感染しないことを保証せず、当社またはサービスを経由してお客様から得たいかなる情報または忠告も、本契約で明示的に保証を与えるものではないことを認識しています。

    9.責任制限

    9.1
    いかなる状況下および法的理論下においても(契約、不法行為、怠慢であるかどうかに関わらず)、本契約のいずれかの当事者、関係会社、執行役、取締役、従業員、エージェント、サービスプロバイダー、もしくはサプライヤーまたはライセンサーは、一方の当事者または第三者に対して、いかなる利益の喪失、売上またはビジネスの喪失、データの喪失、ビジネス妨害、信用の喪失、または間接的、偶然的、特別、懲罰的、結果的、処罰的な喪失または損害、または本契約、サービスまたはコンサルティングサービスに関連して一方の当事者または第三者に起因する喪失または損害、当事者が当該損害の可能性について忠告を受けていた、または事前に予測できたかどうかにかかわらず、一切の責任を負いません。
    9.2
    本契約においてこれに矛盾する場合でも、本契約に起因するサービスの購読、またはサービスの利用または雇用に関連するZendesk Groupのお客様または第三者に対する債務総額は、最初の申告前、または当該債務が生じる前の過去12か月間に、かかるサービスのお客様の購読に関してリセラーによりZENDESKに対して支払われたサービスの購読料を超えないものとします。本第9.2項の本来の目的は、契約の下で当事者間にリスクを配分し、当社がここで定められている以外の債務を想定する場合、実質的により高くなるお客様の購読の購読料により生じる潜在的な債務を制限することであることをお客様は承諾し同意します。当社は、本契約において提供されるサービスにアクセスし、利用する権利をお客様に付与するかどうかを決定する当該制限に依存しています。
    9.3
    司法管轄区によっては、黙示の保証の除外または制限を認めていないので、上記の制限が適用されない場合があります。当該司法管轄区において、Zendesk Groupの責任は法律により許可された最大の範囲に限られます。
    9.4
    お客様のZendeskに対する申し立てや損害は、Zendeskに対してのみ効力を持ち、その他の企業、執行役、取締役、代表者、エージェントには効力を持ちません。

    10.賠償

    10.1
    お客様および本書で許可されたお客様のサービスの利用に関して、第三者の特許、著作権、商標または企業秘密を侵害しているまたは悪用している旨の申立について、当社はお客様を補償且つ保護します(「IPクレーム」)。当社は、当社の費用にて、当該IP申し立てを弁護士、お客様に対する損害を最終的に支払うものとします。これには、次の場合、Zendeskによる合理的な弁護士費用を含みます。
    (a) お客様はZendeskに対して脅威や当該IPIクレームについて速やかに通知すること、
    (b) 当社は、単独で、独占的に弁護士を選択する権利を有し、IPIクレームを弁護士、解決すること、および
    (c) それらに関連して、お客様はZendeskに完全に協力すること。
    お客様、エージェントまたはエンドユーザーによるサービスの利用が、当社の意見において、当該IPクレームの対象となり得る場合、当社は、当社の選択および費用にて、
    (a) 本書に定めるサービスの利用を継続する権利をお客様に付与し、
    (b) サービスを侵害しないように置き換えるまたは変更し、または
    (c) Zendeskの判断で (a) または (b) が商業的に合理的または実践的であるとされる場合、お客様のサービスの購読を終了し、当該サービスの購読期間の未使用期間に対してZendeskに既に支払った購読料を、按分して払い戻します。
    当社は、IP申し立てが全体的あるいは部分的に次の事項に起因する場合、IPクレームに関して第10.1項に定める責任または義務はないものとします。
    (Ⅰ) お客様により提供されたデザイン、データ、指導または仕様の遵守、
    (Ⅱ) Zendesk以外の誰かによるサービスの変更、または
    (Ⅲ) サービスがそれ自体により侵害している他のハードウェアまたはソフトウェアとのサービスの組み合わせ、運用または使用。
    本第10.1項は、Zendeskのお客様に対する単独の排他的な責任を定め、お客様、エージェントまたはエンドユーザーのサービスのアクセスまたは利用を理由として生じたIPクレームに関して、お客様の単独の救済手段を制定します。
    10.2
    お客様は、本契約の不履行または本契約に基づいて責任を負うことを明示的に同意した事柄において、お客様、エージェントまたはエンドユーザーのサービスの利用により生じる、または関連する第三者よるZendeskに対するクレームに対して、次の場合、Zendeskを保障し、免責するものとします。ただし、当該クレームの脅威や通知については、速やかにお客様にお知らせするものとします。
    (a) 当社はお客様に当該クレームの脅威について速やかに通知し、 (b) お客様が弁護士を選択する単独の独占的な権利を有し、当該クレームを弁護し、解決する(ただし、お客様が、書面による事前の合意なしに当社による責任または責任の管理の結果として生じたクレームを解決し和解しないものとする)場合および
    (c) 当社が本書に関連してお客様に完全に協力する場合。

    11.譲渡、完全合意、改正

    11.1
    リセラー契約の利用規約に基づき、サービス購読に関するお客様とリセラーとの契約はZendeskに譲渡される場合があります。お客様とリセラーとの間の契約がZendeskに譲渡される場合、お客様は、継続されるサービスのアクセスおよび利用の権利はZendeskのその時点での標準マスター購読契約に従うことに同意し、当該契約に記載の請求および支払い条項を含むがそれらに限定されないかかる利用規約の適用を承諾します。かかる譲渡の後、お客様はZendeskの要請があれば、かかる譲渡後に開始される購読期間の支払いを確保するために必要な情報を、現状のまま提供することに同意します。お客様は、直接的または間接的に、法律の運用により、本契約または本契約に基づくお客様の権利の全部または一部を譲渡する、または事前の合意なく(合意は不合理に保留されることはありません)、本契約の下でのお客様の義務の履行を指定することはありません。当社は、お客様の合意なしに、当社のお客様との契約、後継者が本契約に基づいて義務を履行することに同意する場合は、ZendeskまたはZendesk Groupの合併または支配の変更に関して、またはすべての売上、実質的に当社のすべての資産をZendesk Groupのいかなるメンバーに譲渡することはありません。上述の制限に基づいて、本契約は当事者、各後継者および譲受者を拘束し、それらの利益のために効力を生じます。
    11.2
    本契約は、注文書および補足条件と共に、契約全体を構成し、本契約の対象事項に関して、お客様とZendesk間のあらゆるおよびすべての事前合意に優先します。本契約はお客様またはお客様を代理する企業が提供するの購入注文書またはその他の注文書における条件に代わるものとして適用され(すべての条件は無効となります)、本書にて明示的に定められている場合を除いて、本契約の対象事項に関して、各当事者に依存する契約、表明、保証、誓約は他にありません。上記に関わらず、本書の補足に記載、または当社がサービスの一部またはサービスとは別に提供する追加の条件が、一部の特性、機能またはサービスに適用される場合があります。例えば、当社は当該特性、機能またはサービスが有効となる前に追加条件についてお客様に通知し、お客様のアカウントにおける当該特性、機能またはサービスの有効化は追加条件の承諾とみなされます。お客様またはお客様のアカウントの管理者として許可を受けたエージェントが特性、機能またはサービスを有効化する時、すべての追加条件が本契約に組み込まれるものとします。本契約および追加条件の間で矛盾が生じる場合、追加条件が支配します。
    11.3
    新しい契約が以前のバージョンに優先する場合、当社は随時本契約を修正することができます。当社は当該修正を施行する日の10日前までにお客様に通知します。当該修正を施行する日以降お客様が引き続きサービスを使用することは、お客様の修正へ同意として、Zendeskにより信頼される場合があります。当社が本契約のいかなる条項を行使することを怠ったとしても、本契約の他の条項の権利放棄をすることにはなりません。

    12.可分性

    本契約書に管轄裁判所で法的強制力がないと判断された条項がある場合、当該条項は裁判所により変更され、法律により最大の範囲で元の条項を最もよく達成できるように解釈され、本契約の残りの条項は有効に存続するものとします。

    13.輸出コンプライアンスおよび利用制限

    当社がお客様、エージェントまたはエンドユーザーに提供するまたは利用できるようにするサービスおよびその他のソフトウェアまたはサービスのコンポーネントは、米国輸出管理および経済的制裁法の対象となる場合があります。お客様、エージェントまたはエンドユーザーによるサービス、ソフトウェア、その他のコンポーネントへのアクセスおよび利用に関して、お客様はあらゆる関連法令を遵守することに同意します。お客様がサービス、ソフトウェアまたはその他のコンポーネントが米国またはその他の適用法令において禁止される司法管轄(「禁止司法管轄区」)に所在する場合、お客様はサービスにアクセスまたは利用しないものとします。お客様は禁止司法管轄区に所在する政府、企業または個人に対してサービスのアクセスを提供しないものとします。お客様は次の事項を表明し、保証し、約束します。
    (a) 米国からの輸出の受領を禁止されているまたは米国人との取引を禁止されている個人または企業の米国政府リストに名前が掲載されていないこと、
    (b) 禁止司法管轄区に登録された人物または下位者でないこと、
    (c) 米国またはその他の適用される輸出禁止または制限に違反するサービスのアクセスまたは利用をエージェントまたはエンドユーザーに許可しないこと、および
    (d) 米国およびお客様、エージェントおよびエンドユーザーが所在する国から輸出された技術的データの伝送に関して、すべての適用法を遵守すること。

    14.当事者の関係性

    当事者は独立した契約人です。本契約は当事者間のパートナーシップ、フランチャイズ、合弁、仲介、信託または雇用関係を形成するものではありません。

    15.通知

    本契約の下、Zendeskがお客様に提供したすべての通知は、次の方法により書面で配信されるものとします。
    (a) 注文書でお客様により提供された連絡先住所へ、国内で翌日配達サービスとして認められるもの(「宅配便」)または米国郵便、または
    (b) お客様のアカウントオーナーに提供された電子メールアドレスへの電子メール。
    本利契約に基づくZendeskからお客様へのすべての通知は、書面により、
    (a) 全国的に認められた宅配便サービス(以下、「宅配便」という)またはお客様により任意のフォームで提供された宛先への米国内郵便で配送されるか、または
    (b) お客様のアカウント所有者により提供された電子メールアドレスへの電子メールにより配信されます。
    お客様は、書面により宅配便または米国内郵便で次の宛先に通知する必要があります:1019 Market Street, San Francisco, California 94103 U.S.A.Attn: Legal Department.すべての通知は、電子メールの配信時には即座に行われたものとみなされ、その他の配送時には、受領時または、それより早い場合は、上記で認められた郵便または宅配便の投函後2営業日に行われたものとみなされます。

    16.準拠法

    本契約は、法の抵触の原則と関係なく、カリフォルニア州の法律に準拠するものとします。本契約の元での紛争はカリフォルニア州サンフランシスコにある普通管轄裁判所において解決されるものとします。お客様は、ここに、本契約またはお客様、エージェントまたはエンドユーザーのサービスへのアクセスまたは利用に関する紛争を解決する目的でカリフォルニア州、サンフランシスコ郡の連邦および州裁判所の専用対人管轄権に従うことに明示的に同意するものとします。

    17.連邦政府の最終利用に関する条項

    お客様は米国政府省またはエージェンシーまたは当該省またはエージェンシーの代理で契約し、各サービスは48 C.F.R. §2.101え定義される「商品」であり、48 C.F.R. §12.212または48 C.F.R. §227.7202で使用される通り、「商業的コンピューターソフトウェア」および「商業的コンピューターソフトウェアドキュメント」を構成しています。48 C.F.R. §12.212または48 C.F.R. §227.7202-1から227.7202-4までと一致して該当する場合、サービスは本契約の利用規約の下で提供される権利のみを、お客様に与えます。

    18.腐敗防止

    お客様は当社の従業員またはエージェントから、本契約に関連して、違法あるいは不適切な賄賂、キックバック、支払い、贈答品または価値あるものを受け取らず、あるいは提供されないことに同意します。通常の事業の過程において提供された合理的な贈答品および接待は、上記制約に違反するものではありません。上記制約の違反を知り得た場合、お客様は合理的な努力により速やかに当社の法務部へメールでlegal@zendesk.com通知します。

    19.契約存続

    第1項、3.1項、4項および8項~19項は、お客様、エージェントまたはエンドユーザーによるサービスの利用に関して当社の契約の解除後も存続するものとします。当該契約の解除は、本契約の解除または破棄の前に生じた義務に対する当事者の責任を制限するものではありません。

    補足利用規約
    第1項:サービス別規約

    「一般利用規約」(「一般条件」)項の利用規約が全てのサービスに適用されます。本項には、一般条件に加えてサービス別の補足条件を含まれます。

    ZendeskのTalkサービス(「Zendesk Talk」)の補足条件:

    Zendesk SupportのサービスプランによりZendesk Talkを利用できる、またはお客様が購読する、またはサービスとしてZendesk Talkを利用する場合、次の補足条件が適用されます。

    お客様は、
    (a) Zendesk Talkが緊急応答機関などの救急サービスへの緊急通話に対応または運用することを目的とするものではなく、
    (b) 当社はお客様(またはエージェント、エンドユーザー)がサービスをこのような緊急通話に利用できないことに起因または関係するクレーム、損害または損失に責任を負わず(よってお客様はあらゆるおよびすべてのかかるクレームまたは訴訟原因を棄却)、
    (c) お客様は、お客様、エージェントおよびエンドユーザーによるZendesk Talkの利用を管理するすべての管轄区域で適用されるすべての法律(電話録音および通信傍受法を含むがこれに限定されない)に準拠するZendesk Talkの運用にのみ責任を負い、
    (d) お客様は上記により生じる第三者のクレームから当社を防御し、免責にし、保護することを理解し、同意するものとします。

    Zendeskはお客様に提供される電話番号が60日間未使用または使用頻度が低い場合、あるいはそれ以外でお客様のサービスの購読、アカウントまたはサービスにアクセスおよび/または使用する権利が一時停止されているか、終了またはキャンセルされている場合は、この電話番号を無効にすることがあります。

    Zendesk Talkの購読料金に関して、リセラーは、Zendeskの選択により、後払いまたは使用見込料金の事前支払いを求められる場合があります。リセラーが使用見込み料金の事前払いをするまたは求められる範囲内において、お客様のアカウントでZendesk Talkの事前支払いを初めて設定した時に選択したのと同じ決済方法により同額を、または定期的な事前支払いクレジットとしてリセラーがリクエストするかかる追加金額により、自動的にデータベース上のクレジットカードへ再請求します。

    リセラーがZendesk Talkを小切手、銀行振込またはACHにより事前に支払う場合、Zendeskは購読者の残高が0ドルに達する場合、以前の事前支払い金額と同額をリセラーに自動的に再請求する権利を留保します。リセラーが自動再請求オプションをキャンセルまたは変更を希望する場合、セールス担当者またはsupport@zendesk.comまでご連絡ください。

    お客様のZendesk TalkサービスプランにZendesk Textが含まれる場合、購読者はZendesk TalkおよびZendesk Textの両方を購入したエージェントのみが、Zendesk Textを利用する権限があることに同意します。Zendeskはお客様のZendesk TalkおよびZendesk Textの利用を監視し、定期的に監査する権利を留保し、お客様が本補足規約および当社のサイト上にあるZendesk Textサービスプラン制約を遵守して利用しているかを確認します。Zendeskが、お客様またはエージェントが本補足規約および当社のサイト上にあるZendesk Textサービスプラン制約を遵守して利用していないことを発見した場合、Zendeskはリセラーへの請求権を留保し、お客様はかかる利用に対して支払うことをここに同意します。

    Zendesk Talkおよび関連機能の利用は、適用利用料金、購読料金およびここに定められたその他の適用料金支払い義務の対象となります。Zendesk Talkを有効にするもしくは利用することにより、お客様は上記の料金をリセラーを介して支払うことに同意しています。利用料金はZendeskによりいつでも変更および修正されます。

    一部の司法管轄区において、Zendesk Talkにより電話番号の購入するために、お客様の事業所が司法管轄区内に所在していることを求める場合があります。お客様がかかる司法管轄区にいる場合、お客様は司法管轄区内にある事業所の住所を提供することに同意します。お客様はZendeskが第三者ボイスサービスプロバイダーである、Twilio, Inc.(「Twilio」)、および必要政府機関へ当該住所を開示する権利を与えます。Twilioおよび必要政府機関の規約およびポリシーは住所の利用を管理し、本リセラーカスタマーマスターサービス契約およびプライバシーポリシーは住所の利用を管理しません。お客様がかかる司法管轄区にある住所を提供できない場合、司法管轄区にあるお客様の電話番号はサービスから外される場合があることを、お客様は理解しています。

    ZendeskのExploreサービス(「Zendesk Explore」)の補足条件:

    Zendesk SupportのサービスプランによりZendesk Exploreを利用できる、またはお客様が購読する、またはサービスとしてZendesk Exploreを利用する場合は、次の補足条件が適用されます。

    本契約における「ソフトウェア」の定義には、お客様がのデータソースをZendesk Exploreへ接続するために利用されるコネクター、またはZendesk Exploreに関連するあらゆる機能の利用を可能にするコネクターが含まれます。

    Zendesk Exploreの利用は、適用利用料金、プラットフォーム料金、本サイトに記載のその他の適用データ保管料金の支払い義務の対象となる場合があります。Zendesk Exploreを有効にするもしくは利用することにより、お客様はZendesk Exploreの利用にかかるすべての適用料金を、リセラーを介して支払うことに同意しています。

    一部のZendesk展開関連サービスの補足条件(アドオン):

    以下に記載の展開関連サービスを購入またはアクセスを付与された購読者には、本契約に付属する補足条件があります。

    Zendesk Supportのライトエージェント関連展開サービス

    • Zendesk SupportのハイボリュームAPI関連展開サービス
    • Zendesk Supportのデータセンターロケーション関連展開サービス
    • Zendesk Supportのプライオリティカスタマーサポート関連展開サービス
    • Zendesk Supportのアドバンスエージェント関連展開サービス

    ZendeskのAPIおよびSDKの補足条件:

    アプリケーション(API契約に定義)を開発、実行、公開する目的でAPIを利用またはアクセスする場合、お客様の利用はアプリケーション開発者・APIライセンス契約(「API契約」)により管理されることをここに同意します。さらに、お客様がSDK(以下に定義)を利用またはアクセスする場合、お客様のSDKの利用は本契約に加え、API契約により管理されることをここに同意します。「SDK」とは、Zendeskにより開発されたサービスに関連したソフトウェア開発キットであり、利用可能となったものを意味します。

    ZendeskのMarketplaceの補足条件:

    お客様のアカウントおよびhttps://www.zendesk.com/apps/で利用可能なMarketplaceを利用またはアクセスする場合、お客様はMarketplace利用規約(「Marketplace条件」)利用規約に同意します。Marketplace条件に記載の通り、一部の追加条件がアプリケーションの利用に適用されます(Marketplace条件に定義)。

    補足利用規約
    第2項:サービスデータの保護

    Zendesk Groupは、本補足条件に定めるセキュリティ対策を含め、強力な包括的セキュリティプログラムを提供することを約束します(「セキュリティ対策」)。購読期間中、本セキュリティ対策は、基準の進化または追加の管理が実施される、既存の管理が変更され、当社が合理的に必要とみなす場合は、通知なく変更される場合があります。

    当社が利用するセキュリティ対策

    本契約の第3.2項の定めにより、当社は本セキュリティ対策を遵守し、サービスを提供するために合理的に必要な状態にお客様のサービスデータを保護します。

    1. セキュリティポリシーおよび社員当社は、管理セキュリティプログラムを有し、維持し、リスクを識別し、予防技術ならびに一般的な攻撃緩和の技術および処理を実施します。本プログラムは定期的に見直され、継続的に有効性および正確性を提供します。当社は、フルタイムの情報セキュリティチームを有し、維持しています。彼らは、当社のネットワーク、システム、サービスのセキュリティインフラストラクチャを監視し、見直し、セキュリティインシデントに対応し、当社のセキュリティポリシーに準拠して当社の従業員を開発し、トレーニングを提供する責任を担っています。
    2. データ送信当社は、サービスデータの安全性、機密性および完全性を保護するために商取引上妥当な管理上の対策、物理的、技術的な予防対策を維持するものとします。これらの予防対策には、お客様が選択されたサービスによりリンクできる暗号化に対応しない一部のその他サービス向けの送信を除く、インターネットによるサービスデータの送信時の暗号化(TLSまたは同様の技術を使用)が含まれます。
    3. インシデント対応当社は、そのシステムまたはデータの機密性、完全性、利用可能性に影響するセキュリティイベントに関してインシデント管理プロセスを有しています。このプロセスは、行動の流れ、通知、上位者への報告、緩和、文書化の手順を具体的に示しています。インシデント対応プログラムには、サービスインシデントに対応する年中無休の中央監視システムおよびオンコール要員が含まれています。
    4. アクセスコントロールおよび権限管理当社はオペレーション社員に対してカスタマープロダクションシステムへのアクセスを制限しています。かかる社員には、固有のIDおよび関連暗号キーを有することを求めています。これらのキーはサービスデータへのアクセスを含め、当社のシステムにおける各個人の活動を認証し、識別するために使用されます。雇用時に、オペレーション社員は固有のキーを割り当てられます。退職時に、これらのキーは無効になります。アクセス権およびアクセスレベルは当社の社員の職位および役割に基づいており、定義された職責にアクセス権限をマッチさせるために、最小権限(least-privilege)・知る必要(need-to-know)の概念を利用しています。
    5. ネットワーク管理およびセキュリティ当社が利用するデータセンターは業界標準の完全な冗長性と合理的に十分な帯域幅を持つ安全なネットワークアーキテクチャに加え、お別のコンポーネントの不具合の影響を緩和する冗長なネットワークインフラストラクチャを維持しています。当社のセキュリティチームは、業界標準のユーティリティを利用し、一般的に未認証のネットワーク活動に対する防御を提供し、脆弱性に関するセキュリティ勧告リストを監視し、定期的に社外機関による脆弱性監査を行っています。
    6. データセンター環境および物理的セキュリティサービスの提供に関連して、当社が利用するデータセンター環境は、次のセキュリティ対策を取っています。
      • 24時間365日体制の物理的セキュリティ機能の責任を担うセキュリティ組織。
      • データセンター内でシステムまたはシステムコンポーネントがインストールまたは保存されたエリアへのアクセスは、業界標準に沿ったセキュリティ対策およびポリシーにより制限されています。
      • N+1無停電電源装置、HVACシステム、バックアップ発電機アーキテクチャ、最新防火設備。

    第三者サービスプロバイダーに対する技術的、体系的セキュリティ対策

    本契約の第3.5項に定める通り、Zendesk Groupが利用する第三者サービスプロバイダーは、サービスを提供するために合理的に必要なお客様のアカウントおよびサービスデータのみへのアクセスを付与されており、第3.5項のその他の要件の内、次の適切な、技術的、体系的セキュリティ対策の遵守の実施および維持に基づいています。

    1. 物理的アクセスコントロール第三者サービスプロバイダーは、セキュリティ要員、警備保障が整った建物および工場施設などの、物理的アクセス防止のための合理的な対策を取り、認証を受けていない人物が、サービスデータが処理されるデータ処理システムへのアクセスを取得することを防ぐものとします。
    2. システムアクセスコントロール第三者サービスプロバイダーは合理的な対策を取り、データ処理システムが認証なく利用されることを防ぐものとします。これらのコントロールは実行される処理の性質により異なり、とりわけ、パスワードによる認証、2要素認証、文書化された認証プロセス、文書化された変更管理プロセス、複数レベルでのアクセスログを含む場合があります。
    3. データアクセスコントロール第三者サービスプロバイダーは合理的な対策を取り、サービスデータが適切に認証されたスタッフのみによりアクセスされ、管理されるようにし、直接的データベースクエリーアクセスは制限され、アプリケーションアクセス権を設定し、拘束し、サービスデータへのアクセスを許可された人物のみがアクセス権限を持つサービスデータにアクセスできるようにします。処理の過程において認証なくサービスデータを閲覧したり、コピーしたり、変更したり、削除したりすることはできません。
    4. 送信コントロール第三者サービスプロバイダーは合理的な対策を取り、データ送信設備によるサービスデータの転送が想定される法人をチェックし、確定することができるかを確認し、サービスデータの電子的送信または伝送中に認証なく閲覧されたり、コピーされたり、変更されたり、削除されたりすることのないようにします。
    5. 入力コントロール第三者サービスプロバイダーは合理的な対策を取り、サービスデータがデータ処理システムに入力され、変更され、削除されたかどうか、誰によりそうされたかどうかをチェックし、確定することを可能にします。第三者サービスプロバイダーへのあらゆるサービスデータの転送は、安全なファイル転送を経由します。
    6. データ保護第三者サービスプロバイダーは合理的な対策を取り、サービスデータを偶発的な破壊または紛失から安全に保護します。
    7. 論理的分離第三者サービスプロバイダーはサービスデータをシステム上の他の当事者のデータから論理的に分離し、サービスデータを分けて処理するようにします。

    補足利用規約
    第3項:国別条件

    日本:
    お客様は、お客様のアカウントを経由して当社のサービスを利用するエンドユーザーに、本ポリシーに記載の通り、Zendesk Groupがどのようにエンドユーザーの個人データを利用するかを通知し、当社に対して個人データを開示するためにエンドユーザーから事前承諾を得る責任があります。
    ブラジル:
    Zendesk Groupにより収集、保存、利用、処理された個人データは、本ポリシーに記載の通り、ブラジルの法律番号12,965/2014に基づいて、収集、保存、利用、処理されます。当社のサービスを利用することにより、記載の通り当社によるお客様の個人データの収集、利用、保存、処理を明示的に承諾します。
    オーストラリア:
    本ポリシーに記載されている通り、Zendesk Groupによって収集、保存、使用および/または処理された個人データは、1988年オーストラリア連邦プライバシー法(コモンウェルス)およびオーストラリアの個人情報に関する基本原則に準拠して収集、保存、使用および/または処理されます。こちらでさらに詳しく説明します。お客様が当社の苦情処理の仕方に満足されない、または当社が提案する解決に同意されない場合、ウェブサイトに記載されている手段を使って、オーストラリア情報コミッショナーのオフィスへ連絡することにより、苦情を申し立てることができます。また、苦情の詳細を当社がOAICに直接渡すように要請することもできます。
    ニュージーランド:
    Zendesk Groupにより収集、保存、利用、処理された個人データは、本ポリシーに記載の通り、ニュージーランドのプライバシー法(1993年)および12のプライバシー原則(NZ IPP)(詳しくはこちら)に基づいて、収集、保存、利用、処理されます。
    シンガポール:
    Zendesk Groupにより収集、保存、利用、処理された個人データは、本ポリシーに記載の通り、シンガポールの個人データ保護法2012年(詳しくはこちら)の下でのZendesk Groupの義務に基づいて、収集、保存、利用、処理されます。
    カナダ:
    個人データ(カナダの個人情報保護および電子文書法(PIPEDA)に定義されている通り)は、PIPEDAの下、Zendesk Groupの義務に基づいてZendesk Groupにより収集、保存、利用、処理されます。

    補足利用規約
    第4項:コンサルティングサービス

    購読者がZendeskに注文書に示される専門的サービス(トレーニング、後継者、サービスの実施を含む、「コンサルティングサービス」という)の提供を依頼した場合、かかるコンサルティングサービスの提供は、これらの補足条件も含め、本契約により管理されます。別途ステートメントオブワークで同意されていない限り、購読者は、コンサルティングサービスは注文書で示される購読期間の開始後6か月以内に、購読者により完了するよう予定されなければならないことに同意します。上記に鑑み、購読者およびZendeskは、法的に拘束されることを意図して、次に定める条件に同意します。

    1. 適用範囲本契約に基づいてZendeskから購読者へ提供されたすべてのコンサルティングサービスは、1つ以上の相互に同意し、共同で履行するステートメントオブワーク(「SOW」)または注文書に概要が記載されています。これらは本契約に組み込まれ、提供予定のサービスの適用範囲、本質、その他関連する特徴を詳細に説明するものです。
    2. リテンション購読者はZendeskに、本契約に定める利用規約に基づいて、SOWに記載のコンサルティングサービスを提供するよう依頼します。Zendeskは、両当事者がSOWに相互に同意し履行するまで、いかなるコンサルティングサービスも行う義務はないものとします。SOWの履行後、SOWの下で提供されるコンサルティングサービスは、当事者により相互に履行された変更指示書による場合のみ変更することができます。
    3. コンサルティングサービスの実行
      3.1
      各SOWには、少なくとも、コンサルティングサービス、請求料金、コンサルティングサービスを実行するために雇用されたZendeskの資格ある従業員または外部の業務委託者に関する合理的な詳細が含まれます。(「サブコントラクター」、これらの補足条件の目的に関するZendeskの従業員、「コンサルティングサービス要員」という)。Zendeskおよび購読者は善意を持って協力し、タイムリー且つプロフェッショナルな態度で、コンサルティングサービスを納得のいく形で完了することに同意します。
      3.2
      当事者はコンサルティングサービスが完了するように介入し、促進する代表者を各自指名します(それぞれ「購読者の代表者」、「Zendeskの代表者」という)。コンサルティングサービスの一部を実行するためにZendeskにより指名されたサブコントラクターは(以下に定義)、コンサルティングサービスの実行に関するあらゆる事案に対して、購読者とZendeskに介入する代表者を指名します(「サブコントラクターの代表者」という)。
      3.3
      Zendeskはコンサルティングサービスを、直接または選択したサブコントラクターにより実行します。購読者は、Zendeskの負担なしに、タイムリーで十分な支援、Zendeskにより合理的にリクエストされたその他のリソースを提供することに同意し、コンサルティングサービスを実行できるようにします(総称して、「支援」という)。Zendeskまたはサブコントラクターは、購読者の行動または怠慢の結果生じる範囲で、コンサルティングサービスの実行における不具合に対して一切責任はありません。例えば、購読者がここで求められた支援の提供を怠ったことを含みますが、これに限定されません。
      3.4
      コンサルティングサービスの実行において、Zendeskはかかるリソースを提供し、コンサルティングサービスまたはその一部を実行するために必要とみなされるコンサルティングサービス要員を使用します。購読者は、Zendeskに対して反対を明確に述べることにより、Zendeskが選んだサブコントラクターに反対することができます。この場合、当事者はかかるコンサルティングサービスを実行するために他のサブコントラクターを任命するよう善意を持って協力します。Zendeskがすべてのコンサルティングサービス要員によるコンサルティングサービスの実行に対する責任を担う場合は、通常のビジネスの成り行きでコンサルティングサービス要員を変更する場合があります。
      3.5
      Zendeskはコンサルティングサービスの完了に必要な全ての作業を実行する手段や方法をコントロールします。これにはコンサルティングサービスを実行する要員の監督やコントロールが含まれますが、これらに限定されません。Zendeskは資格あるコンサルティングサービス要員の人数、適切な設備、その他のリソースを十分に維持し、条件に沿って本契約の下Zendeskの義務を実行できるようにします。
      3.6
      購読者の承諾があれば、Zendeskはコンサルティングサービスを提供するのに必要な場合、購読者のアカウントへ入ることができます。
      3.7
      購読者がSOWの下で提供されるコンサルティングサービスの適用範囲の変更を求める場合(SOWに記載のプロジェクトスケジュールの変更が含まれますが、これに限定されません)、購読者はZendeskと提案された変更について話し合うものとします。Zendeskがコンサルティングサービスの変更を決定する場合、当事者は善意により変更指示書を履行するものとします。Zendeskは変更指示書に反映された変更に従って、料金を調整する権利があるものとします。当事者が書面により変更指示書に相互に同意しない限り、Zendeskは異なるまたは追加のコンサルティングサービスを実行する義務はないものとします。
      3.8
      成果物・マイルストーンベースのSOWは、SOWに記載の全ての成果物の納品時または全てのマイルストーンの完了時に、Zendeskが書面による通知を送るものとします(「完了通知」という)。その後、購読者は完了通知の日から5日以内にまだ提供されていない成果物または完了していないマイルストーンに関する書面による通知をZendeskに送るものとします。購読者が未完了の成果物またはマイルストーンに関する書面によるタイムリーな通知がない場合、SOWは完了したとみなされるものとします。疑義を避けるため、時間およびマテリアルベースのSOWに完了通知は必要ないものとします。
    4. 料金、支払条件
      4.1
      購読者は注文書またはSOWに記載されたコンサルティングサービスを提供するための手数料をZendeskへ支払います(「手数料」という)。適用SOWまたは注文書で別段同意されていない限り、Zendeskは毎月購読者へ提供したサービスを請求します。手数料は請求書の日付で全額請求されます。購読者が善意で異議を唱え、かかる請求書を受領してから30日以内に書面で明確に理由を述べた手数料は除きます。
      4.2
      全てのコンサルティングサービスは、適用SOWで示される通り、時間・マテリアルベースまたは固定手数料ベースで提供されます。時間・マテリアルベースの手数料によるSOWには、コンサルティングサービスの実行に必要な時間およびマテリアルの詳細な見積書が含まれます(「T&M見積」という)。Zendeskは商業的に合理的な努力をし、かかるT&M見積書内で、当事者が同意した最大時間数を超えない範囲で、コンサルティングサービスを提供します。Zendeskは合理的な努力をし、実質的にT&M見積書を超過する可能性が生じた時は速やかに購読者に通知します。T&M見積書の修正の受領後、購読者はT&M修正見積書を審査し、受諾または却下します。購読者がT&M修正見積書を受け取ってから5日以内に却下しない限り、かかるT&M修正見積書は購読者により受諾されたとみなされ、購読者はかかるT&M修正見積書により納品されたコンサルティングサービスに関連した手数料全額を支払う責任があるものとします。購読者により受諾されたもしくは受諾したとみなされるT&M修正見積書は、変更指示書とみなされます。
      4.3
      コンサルティングサービスの実行はSOWの実施および納品時に購読者により事前に支払われる報酬に基づく場合があります。かかる報酬は購読者が支払うべき手数料に対して適用されます。Zendeskはかかる報酬がZendeskに支払われない場合および支払われるまで、コンサルティングサービスの実行を拒否することができます。
      4.4
      いかなるおよびあらゆる手数料に加え、購読者はZendeskに合理的な旅費、宿泊費、通信費、配送費、自己負担費を払い戻します。これにはコンサルティングサービスを提供するにあたり、Zendeskが負担した、購読者のリクエストによる移動および宿泊料金の変更が含まれます(「経費」という)。Zendeskは、購読者のリクエストによりすべての経費の合理的なドキュメントを提供します。購読者は、Zendeskが購読者に経費を提出した日から30日以内に、経費をZendeskへ払い戻すものとします。
      4.5
      未払いの手数料または経費は支払い期限が到来してから30日後に延滞となり、1か月当たり1.5%の延滞手数料の対象となります。
      4.6
      キャンセル・変更:合意したサービスの開始5日前以降のキャンセル・変更は、支払済手数料および予約日の没収の対象となります。
    5. 当事者の関係性Zendeskは独立した契約者であり、コンサルティングサービスを提供するコンサルティングサービス要員、手段、運用に対して完全なコントロールおよび責任を維持します。Zendeskはいかなる場合にも、政府当局への報告を含め、購読者のエージェント、子会社、関係会社として自身を差し出すことはありません。本契約は当事者間にパートナーシップ、合併、信託、仲介関係を形成するものではなく、いずれの当事者も一方の当事者の表明、行動、怠慢に対して責任を負わず、一方の当事者を拘束する権利を持ちません。購読者がZendeskに支払った手数料、経費、その他の金額は、年金または所得税目的での給与とはみなされず、Zendeskまたはコンサルティングサービス要員は、法律により求められる以外は、有給休暇(病欠も含む)などのいかなる付加給付または購読者の追加給付を受ける権利はありません。購読者は法律により求められる以外は、コンサルティングサービスに支払った手数料または経費から、税金、失業手当、社会保障、その他の経費を控除または源泉する責任はないものとします。
    6. 保証、責任制限
      6.1
      Zendeskは次のことを表明し保証します。
      1. 本契約に基づいて提供されたコンサルティングサービスは、一般的に受け入れられた業界標準に沿って、タイムリー且つプロフェッショナルな態度でZendeskおよびそのコンサルティングサービス要員により実行されます。保証の不履行に対する購読者の単独および唯一の救済策は、Zendeskの選択に基づいて、コンサルティングサービスの再実行、適用SOWの終了、コンサルティングサービスの非適合部分に対して購読者がZendeskに支払った手数料の部分の返金です。
      2. それは、本契約の実行に一致しない、またはわかっている限り、コンサルティングサービスの実行を妨げる、非契約上またはその他の制限または義務の下にあります。
      6.2
      本契約の第9.2項に関わらず、本契約からまたはコンサルティングサービスから生じた負債の総額に関連して負う負債の総額は、いかなる場合でも、最初の申告前または当該債務が生じる前に購読者が支払った手数料を超えることはありません。本6.2項の基本的な目的が本契約に基づくリスクを当事者間で分散し、Zendesk Groupがここで定めた以外の追加の責任を負う場合に手数料が大幅に高くなることを考慮して責任を制限することにあることを承諾するものとします。Zendeskは、購読者に本契約で提供されるコンサルティングサービスを提供するかどうかを決める際にこの制限に依存します。
      6.3
      当事者は次のことに同意します。
      カスタマイズされた成果物、Zendeskサービスフレームワーク内のカスタムアプリケーション、ヘルプセンターカスタマイズ、統合、SOWの下で識別され納品されたプログラミングスクリプト(総称して「カスタム成果物」)は、購読者に「現状のまま」で提供され、Zendeskは、明示的または黙示的に関わらず、購読者または第三者に対してカスタム成果物の責任、状況、操作性、適合性に関して保証または表明しません。購読者がZendeskにより指示された以外の方法でカスタム成果物を変更する場合、法律による以外は、保証があったとしてもZendeskはカスタム成果物に対する責任を負いません。購読者または第三者のカスタム成果物へのアクセスまたは利用が中断されず、エラーがなく、特定の品質の性能条件を満たすことをZendeskは保証しません。Zendeskはカスタム成果物に関する保証を明示的に提供しません。この保証には、商品性、権原、特定目的への適合性、非侵害、互換性、安全性、または正確性の黙示的保証を含みますが、これらに限定されません。さらに、Zendeskは明示的にカスタム成果物をサポートまたは維持する責任を担わず、当事者間で合意されていない限りは、そうしません。この保証および責任の放棄は本契約の下、購読者およびサービスを利用する第三者に適用されるサービスに関して、Zendeskまたは関係会社によりなされた放棄に追加されます。
    7. 成果物に対する権利、所有権
      7.1
      SOWに基づいて完了する特定のコンサルティングサービスは、既存の技術、開発技術、包括的コンポーネント(以下に定義)を使って、購読者のサービス購読の設定および購読者データを1つ以上のサービスに組み込むことに主に関係します。SOWで明示的に特定されていない限り、本契約に基づいて提供されたコンサルティングサービスに関して提供された成果物は、本契約の下「貸し出し用に作成された作品」です。かかる成果物が貸し出し用に作成された作品である場合、購読者はZendeskにすべての権利、権限、利益を割り当て、またはかかる割り当てが許可されない場合、Zendeskに永続的で、取消不可能で、独占的で、世界的で、支払済で、サブライセンス可能で(マルチ層を介して)、譲渡可能なライセンスをかかる成果物に付与します。加えて、Zendeskは永続的で、取消不能で、非独占的で、世界的で、支払済で、サブライセンス可能で(マルチ層を介して)、譲渡可能なライセンスを有し、既存技術、開発技術、包括的コンポーネント、またはZendeskが購読者から受け取る提案、拡張のリクエスト、推奨事項を利用します。
      7.2
      上述に関わらず、Zendeskおよびそのライセンサーは全ての既存技術、開発技術、包括的コンポーネントの所有権を留保し保持します(以下に定義)。Zendeskは購読者に非独占的、支払済の、限定ライセンスを付与し、購読者のサービスの利用に関して、既存技術、開発技術、包括的コンポーネントを利用できるようにします。「既存技術」は、コンサルティングサービスの開始前に存在する、Zendeskのあらゆる発明品(Zendeskの関係会社の発明品を含む)(特許を得ているかどうかに会社関わらず)、著作作品、デザイン、ノウハウ、アイデア、コンセプト、情報、ツールを意味します。「開発技術」は、アイデア(特許を受けているかどうかに関わらず)、ノウハウ、技術データ、技術、コンセプト、情報またはツール、あらゆる関連知的財産権を意味し、本契約に基づいてコンサルティングサービスの提供に関連して、Zendeskおよびその関係会社またはコンサルティングサービス要員により開発され、Zendeskの既存技術から派生、改良、拡張、変更されるものを意味します。「包括的コンポーネント」は、あらゆる発明品(特許を得ているかどうかに関わらず)、著作作品、デザイン、ノウハウ、アイデア、情報、ツールを意味します。本契約に基づいてコンサルティングサービスの提供に関連して、Zendeskおよびその関係会社、またはコンサルティングサービス要員により開発され、Zendeskの製品またはサービスをサポートし、購読者の機密情報を利用することなく利用できるソフトウェアおよびプログラミングツールを含みますが、これに限定されません。

    附則

    本規約は原文(https://www.zendesk.co.jp/company/customers-partners?asd#reseller-terms-of-service)を転載したものであり、本規約の最新版、内容は上記を優先する。